相手のことだけを想って作る年賀状

今日は一日、年賀状を書いて過ごしました。年賀状を書くにはまだずいぶん早い時期なのに、我ながら偉い、と自画自賛してしまいます。
実をいうと、ここ数年はまともに年賀状を書いていませんでした。理由は単純で、面倒くさかったからです。ラインをはじめ、友人への連絡が至極簡単にできる昨今、こう感じてしまうのもある程度仕方がないかなとは思います。
しかし、最近、おばあちゃんから手編みの小物をもらったとき、私はハッとしました。手作りのものの温かさ、そして、手作りのものを貰うということの嬉しさを、私はそのとき、数年ぶりに思い出したのです。
なので、今年は年賀状をきちんと、それも手書きで書こう、と心に決めていたのでした。
幸い、私は絵を描くのが趣味なので、一から十までオリジナルの年賀状を作ることができます。相手ただひとりのことを考えながら作る年賀状は、思った以上に面白い作業で、描く手が止まりませんでした。

タイトルとURLをコピーしました