ベンチャー起業のお伴に司法書士はいかがですか?

ベンチャー企業のスタートアップの時、税務や経理には目が行くことが多い。多くの場合は資金調達の相談を金融機関とし、その流れで経理全般について税理士さんに相談し、そのまま顧問契約や帳簿の管理などをお願いする場合も多いでしょう。

ベンチャーのスタートアップの時、もう一つ大きな関門が待ち構えています。

それは「法人設立」。基本的には、所定の資料を揃えて法務局へ持って行き、提携の書類を提出すれば大丈夫なのですが、資料の作成、収集、書類の作成、提出という作業を本人が行うのは非常に手間が掛ります。ベンチャーの起業を目指す人が全てやっても問題はありませんが、その時間を営業活動や開発などの活動へ振り向ける方が無駄が少なくなると考える方々も少なくありません。

そこでこれらの法務をサポートする業務を担う職能が司法書士です。司法書士は現在全国に2万2千人超、東京に限っても4200人余りが業務に従事している、身近な法律家です。

司法書士の業務は、一般に登記、供託、裁判所に提出する書類の作成、簡裁の訴訟代理、成年後見、企業法務等々と多岐にわたっています。この中でスタートアップベンチャーの司法書士に関連するのは、登記と企業法務です。

会社をはじめとする法人の設立には登記が必要です。この登記にかかる様々な要件をクリアさせながら必要な書類を揃え、提出する業務は司法書士の中心業務になります。また、会社の資金調達の局面、役員変更の局面でも、司法書士は専門家の立場から、様々な要件について知識や情報の提供を通じて、経営者をサポートする事により、スムーズに資金調達や役員変更の登記を実現します。

登記以外においても、企業法務のプロとして、設立して間もない企業に対して、トラブルを未然に防ぐ予防法務や、万一のトラブルに対して法的解決の道筋をアドバイスやサポートし、企業の権利や財産、従業員の保護を経営者とともに二人三脚で対応していきます。

司法書士に依頼をする場合も難しくありません。例えば東京なら東京司法書士会のHPですべての司法書士を検索でき、自分にあった司法書士を探すことが可能です。東京以外でも、各都道府県には単位司法書士会がありますのでHPで検索したり、直接電話で問い合わせる事をお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました